○財務目標

○3C分析

○5フォース分析

○SWOT分析

​○BSCクロス分析

○中期戦略マップ

○年別戦略目標

​○重要成功要因(KPI)

○経営基本要素

○PMマトリクス

​○製品・市場分析

目的に応じた使い方

戦略ナビCloudの「戦略策定」は、
「ビジョンにもとづき、実行すべき戦略」を策定する思考のツールです。
戦略策定にはいろいろな方法がありますが、
戦略ナビはPMマトリクス(誰に何を売るのか)を戦略の大前提と考えています。
※ぬりつぶしていない項目は必要に応じて使用
 
 

経営基本要素

企業ビジョンの策定や戦略マップの作成の前提として、創業者の「想い」、企業文化・企業風土を知り、企業の方向性を確認する。

​ミッション

​企業がどのような役割を担うべきかを表現します。
経営理念に基づき、3年後のあるべき姿である企業ビジョンを策定します。

​ビジョン

​ドメイン

事業の展開領域を再確認します。
顧客―事業の対象となる顧客や市場・営業促進範囲・独占率。
機能―サービスの機能・品質・スピードなどの価値・認知度。
​技術―技術・能力・情報ノウハウなどの強み、資格。
 

PMマトリクス

環境分析、事業ドメインの選択の次のステップは
「事業の選択」です。
​製品ー市場マトリックスはその手法の1つで、
4つの事象に分けられます。
●市場浸透戦略  新製品開発戦略
●新市場開拓戦略 ●.多角化戦略

事業の選択 製品・市場マトリックス

横軸には製品が既存か新規かをとります。

縦軸には市場が既存か新規かをとります。

たとえば、自社の商品が既存で、

市場も既存のものと判断できれば、

その商品をどれだけ浸透させていくかが

ポイントになるとわかります。

ABC分析は2:8の法則から導かれています。
2:6:2の比率で優性、普通、劣勢に分けて下さい。
優性2割は80%の効果があります。
逆に劣性2割は1%の効果もありません。
ここに着目すれば、劣勢は無視できる数値なので、
劣性2割に注ぎ込まれている経営資源を優性にシフトし
集中させれば、1%どころか、倍以上の効果が見込めます。

◆PMマトリクス作成のお助けツール

環境分析で気付いた事を、
 再度PMマトリクスや事業ドメインを定義する。

製品・市場分析

PMマトリクスを詳細に計画

環境分析

​(3C・5フォース・SWOT・BSCクロス)

​財務目標

PMマトリクスとの整合性、経営安全率、FCF等確認
​財務目標5ヵ年分を表示
 

経営戦略の策定・選択

​各メニューで考えた戦略は、随時新規登録で4つの視点に区分し、「戦略目標作成」に登録します。
各メニューで分析した結果、「何をしなければならないか」を考え、
4つの視点に区分した戦略目標候補を作成します。
1.財務の視点   財務的業績向上のため取り組む戦略
2.顧客の視点   ビジョン達成のため、顧客満足度向上に取り組む戦略
3.業務プロセス  1と2を実現するため、優れた業務プロセスの実現につながる戦略
​4.人材と組織   ビジョン達成のため、組織や個人として変化し、能力向上を図る戦略
一覧の戦略目標は、直接戦略マップにも登録されます。
​ここで、因果関係を確認し、戦略の追加や削除をします。
戦略マップを作成することにより、戦略の全体像を把握でき、
​因果関係線を引く過程で参加メンバーの合意形成ができます。
登録した戦略目標は一覧で確認できます。

重要成功要因

成果を達成するにあたり、決定的な影響を与える活動や施策です。

KPI

KPIには2種類あります。
1.成果KPI(目標指標)=成果・結果
2.プロセスKPI(管理指標)=点検項目・プロセス(進捗)